双極性障害と診断されて

 患者「空」さんの体験記

私は5年程前にある病気にかかりました。その後摂食障害にもなり最終段階で精神科の先生から双極性障害だと正式な診断結果を受けました。1番初めに受診した精神科の先生からは鬱病と言われたのですが、抗鬱剤を出され言われた通り薬を飲みました。その時は自分が双極性障害と言う病気自体全く知らずに自分が鬱病だと思っていたので処方された薬を飲み良くなればいいな、と思っていましたがだんだんと自分が自分ではなくなっていき朝起きると悲しくもないのに涙が出て昼になると家に居られずソワソワして色々な所へ出掛けて夜になるとまた訳も分からず涙が出る。そんな日々が結構続きとても辛かったのを覚えてます。そして、私の知り合いに看護師さんが居て勇気を出して相談してみた所働いて居る病院に女医の精神の先生が居るよ、と教えていただき私自身女の先生のが良いなと思って居たので不安もありましたが医者を変えることに決め知り合いの病院に通うようになりました。そこで、自分の症状を話した所鬱病では無いよ、と言われました。今すぐ抗鬱剤は辞めて!と。主治医の先生から双極性障害の特徴が私の症状とぴったりで双極性障害の患者が飲んではいけない薬が抗鬱剤だったみたいです。その時、病院を変えたこと、自分の病気を恥ずかしく思っていた事から誰にも相談できず悩んでいたこと、勇気を持って相談した結果自分の本当の病気が分かった事、精神病で飲んではいけない薬を1日でも早く気付けた事にとても安心しました。けして、主治医の先生は優しいわけでもなく苦手な雰囲気で通う事に抵抗もありましたが、きちんと話も聞いて下さり私に合った薬を調べてくれたりと親身になって見てくれました。先生からの言葉で「自分の病気と向き合って」と言われてから恥ずかしさも減り周りの友達などにも話を出来るようにもなりました。ネットで調べたり不安定な時の対処法など、色々自分を見つめ直すことから初めて双極性障害と戦っていこうと思うようになりました。